看板って本当に見られているの?費用対効果ってどうなの?
  • メニュー
  • お問い合わせ
  • TEL

by ORIKOMI SERVICE

設置後も効果を落とすことなく安心してメッセージが訴求できる看板。
それがオリコミサービスの屋外看板です。

屋外看板サーチ トップ > 取り扱い媒体

取り扱い媒体

【認知用看板(ブランド訴求を目的としたもの)】

繁華街など人の多く集まるエリアを中心に、統一した広告を展開しブランディングに利用される媒体です。
シンボル的な役割を担い、認知力は絶大です。主に短期での利用が多いですが、長期掲出可能なものもございます。

費用

渋谷や銀座などの大都市では2週間で500万~700万程度掲出料がかかります。
ただし、エリアによってもっと安価で利用可能な媒体もございますのでお問い合わせ下さい。

【誘導用看板】

店舗案内用などに利用される野立て看板やビル壁面に設置する媒体です。出店エリアでの店舗誘導だけでなく、複数個所設置することにより新店舗オープン時の中長期的な認知拡大をはかる時にも有効です。民地であれば交渉して新たに設置することも可能です。

費用

基本は1年契約で掲出料は野立て看板であれば15万~40万程度、壁面看板は60万~150万程度。
サイズと比例して金額は高くなります。

【交通広告(車内、駅長期看板など)】

電車、バスなどの交通機関の車内、駅に設置されている電飾看板や中吊り広告などの媒体です。
交通機関を利用する層に向けて認知・誘導が可能です。
最近ではよりインパクトの強い広告表現に対する関心の高まりにより、音が出るもの、立体的なものなどクリエイティブに富んだものも多く見られます。都市圏では通勤や通学の足として使われているのでテレビや新聞に匹敵する高い接触率を誇ります。

費用

設置場所、路線、媒体の種類などによって様々なので交通広告の費用に関してはお問い合わせ下さい。

【駅における短期展開可能媒体(駅ポスターや臨時広告)】

駅構内の天井、柱、壁面、床などのスペースを利用して訴求する媒体です。
短期間利用なのでキャンペーンや店舗オープン時に有効です。同時に複数の媒体を組みあわせてジャックする展開も可能となります。

費用

各駅の等級、サイズ等によって決まっていますが、横断幕であれば掲出料1ヶ月40万円前後、
駅ポスターはB0サイズで1枚1週間6,000円~80,000円と幅がありますので詳しくはお問い合わせ下さい。

【店舗看板】

文字通り、店舗の存在を知ってもらうためになくてはならない店舗敷地内の看板です。
独立ポールサイン・袖看板・壁面サイン・チャンネル文字、スタンドサインなど様々な種類があり、まさに店舗の顔とも言うべき存在です。

費用

製作費用は高さ8mの内照式ポールサインであれば160万~200万円前後、壁面サインであればサイズにもよりますが、30万~50万円程度です。

【店舗用デジタルサイネージなど】

その他にも店舗入口に設置するデジタルサイネージなども取り扱い実績がございます。
上記に掲載がない屋外の媒体でもお気軽にお問い合わせ下さい。

看板サーチ
屋外看板に関するお問い合わせは
お気軽にどうぞ。

03-6734-7133

【受付時間】9:30~18:30(土日祝休業)

お問い合わせフォームはこちら

【受付時間】24時間受付 翌営業日にご連絡差し上げます

  • 野立看板
  • 壁面看板
  • 塔屋看板
  • 街頭ビジョン
  • 交通広告
私たちが効果の上がる屋外看板をご提案します!